最新情報

【平成26年10月20日】
次期統一地方選挙小田原市議会議員選挙に際し、自民党推薦候補者に決定さる

平成26年10月20日に開催された自民党神奈川県支部連合会政経パーティー席上において、来るべき統一地方選挙に向けた自民党公認・推薦候補者の一員として紹介された。
 時に、安倍内閣の女性閣僚2名が辞任し、続く消費税増税、川内原発再稼働といった政府・自民党をこき下ろすには最適な話題によりマスコミはこぞって報道するに違いない。
 そんな逆風となるかもしれない中で何で推薦を?と思われるかもしれないが、この数年来、外国人による内政干渉ともいえる特定教科書排除の陳情を小田原市議会が賛成多数によって採択されてしまったこと、集団的自衛権の閣議決定に対し、慎重審議を求める意見書とはいえ新聞には反対意向を示したと捉えられてしまうような意見書を採択したことなど、議員自身の政治スタンスをより明確に示す必要がある事から自民等推薦候補として戦う決意をするに至ったのである。党を通じて国や県からの情報や動きを的確に捉えることも従来以上に出来るものと考えている。
 そもそも昭和58年、大学卒業間近の暮れの総選挙で自民党公認の亀井代議士が落選したことが私の人生を変えた。亀井代議士とは面識も無く、選挙の手伝いすらしていなかった私であったが、自民党政権下にあって当公認候補を落とした神奈川5区(【当時)はどうなってしまうのかという怒りと不安から秘書になることを決意し、人伝に自分を宣伝し受け入れて貰った経緯がある。その時もリクルート事件から端を発し、自民党=金のような悪宣伝が当たり前の世界であり、決して優位な状況ではなかった。確かに当時は何に顔を出しても祝儀袋は必要だったし、持って行かなかった時には催促があるくらい有権者側にも問題があった筈である。公職選挙法の改正により、香典や結婚式のお祝いには現職や候補者が持参した場合を除き秘書が代理で伺って香典や祝儀を出せないようになった時には、名刺に法律条項を印刷しその理由により焼香のみとさせていただく旨を記載したこともあり、忠実に法を守ってきた。小渕氏の観劇ではないが、バス旅行の代金をもっと少なくしろと言う後援会幹部に対して、これでは公職選挙法違反となり「貴方が応援する代議士が国政で仕事が出来なくなって良いのですか?」と言い争ったこともある。数十年に渡りそのような世界を見てきただけに、小渕氏の地元も昭和時代と何ら変わることなく過ぎて行ったのかなと、改めて再出発してほしいと願うものである。
 逆風だからこそ逃げることなく正しいと思った意見を主張していく。それは間違った答えの場合もある。その時には責任を取る。これこそ自分の人生観だ。
 「一度くらいは民主党に政権を与えたらどうか?」マスコミによる世論誘導によって政権交代がもたらされたのは5年前である。それからの3年間、日本において、国民の生活において何がもたらされたのかは次の衆議院総選挙の結果によって言わずもがなである。相変わらず責任を感じずに方便を垂れる元総理も居る。他の同志が苦しんでいても知らんぷりが出来るお方なのであろう。それは政党でなく、個人の資質の問題か。

 いずれにしても、統一選もあと半年となった。全然準備をしていない状況であり、これはいつもと同じ。今回は無所属だけでない看板を背負って戦うことを肝に銘じ、これからの活動に邁進していく所存である。 





【平成26年6月19日】
6月定例会にて複数議員より提出された「意見書案第一号 集団的自衛権について慎重な審議を求める意見書」への反対討論



【平成26年5月27日(火)】

小田原市議会臨時議会が開会され、新たに副議長と監査委員が選任ました。

【小田原市議会副議長選挙】

有効投票23票
無効投票 4票

 横田八郎 23票

監査委員 安野裕子 承認



【平成25年5月29日】
5月臨時議会にて、第59代小田原市議会議長を辞職。
        その後執り行われた選挙結果は以下の通りです。

【小田原市議会議長選挙】

 有効投票26票
 無効投票 1票

  井原義雄  13票
 落  小松久信  10票 
落  関野隆司   3票

【小田原市議会副議長選挙】

有効投票26票
無効投票 1票

 植田理都子 17票
落  大村 学   9票

監査委員 野坂 稔 承認


【議長退任あいさつ】

発言のお許しをいただきましたので、一言申し述べさせていただきます。
この度、一身上の都合により、議長の職を辞させていただきます。
思えば、改選後の臨時議会において議長という大任をいただいて2年間、その職を何とか務めることが出来ました。これも偏に、皆様方のご協力の賜物と、心から感謝申しあげる次第であります。
 2年前のこの臨時議会で皆様にお約束をいたしましたことは、一つが行政と議会とでしっかりとした防災体制をとることでありました。その頃は、東日本大震災からまだ2ケ月が経過したところであり、死者、行方不明者も明確ではなく、いつこの地域に大震災や大津波が押し寄せるかもしれないといった不安が渦巻いていた最中でありました。直後の6月議会も防災関連の一般質問が多く出され、行政は沿岸部の高層ビルへの避難民対策や校舎屋上フェンス設置をはじめ、早急に地域防災計画を作成し、本年にはその改定を行うなど、積極的に防災体制整備に力を注いでまいりましたことを高く評価するものであります。 
 これからも議会との議論を踏まえ、少しでも被害を少なくする施策の充実を望むものであります。

 そして、二つ目として、第5次小田原市総合計画「おだわらTRYプラン」を推進するにあたり、活力ある小田原を作るための積極的な議論の展開については、小田原地下街再生計画策定にあたっての委員会や本会議の模様など、行政、議会双方の活発な議論が展開できたことは、今後の小田原の未来について、共に真剣に小田原の将来を見据えている証であったと自負するものであります。
 更に、住民に我々議会の活動がよりわかりやすくするために数年前から協議してきた「議会基本条例」も20数回に及ぶ特別委員会での議論を行い、本年3月に制定され、今年度より施行することが出来ました。「開かれた議会づくり」は条例が制定されただけで叶うものではありません。8月には議会報告会の開催を予定しておりますが、これから具体的に何をどのように行っていくのか、引き続いての議論に、一議員となった身で参画していきたいと思います。
 最後に、この2年間は神奈川県市議会議長会長、全国競輪主催地議会議長会会長をはじめとする役職と姉妹都市であるチュラビスタ市との姉妹都市締結30周年記念等、海外や日本全国各地を飛び回った2年間でもありました。議員各位にはご迷惑をかけた部分もあるかとは存じますが、忙しくも充実した毎日を送ることが出来ましたことに感謝し、退任のあいさつといたします。どうもありがとうございました。



【平成23年5月17日】(火)
5月臨時議会にて、第59代小田原市議会議長に選出される。
        結果は以下の通りです。

【小田原市議会議長選挙】

 有効投票28票
 無効投票 0票

 加藤仁司  24票
 落 関野隆司  4票

【小田原市議会副議長選挙】

有効投票26票
無効投票 2票

 奥山孝二郎 21票
落 田中利恵子  4票
落 大村 学    1票

監査委員 横田八郎 承認




【平成23年4月25日】

第16回統一地方選挙、小田原市議会議員選挙において、5期連続当選を果たす!!

平成23年4月17日告示、24日執行されました小田原市議会議員選挙におきまして、加藤仁司は
過去最高得票の2,806票を獲得しました。当選順位は7位でした。



下記議長選挙に臨み、今回より議長に立候補しようとする者は投票権を持つ議員諸氏に対し、
自らの意志表明を行う場を設ける事が議会運営委員会にて決定され、立候補者(正式には予定者となるが)
3名によって意見表明が行われた。(当表明は、強制ではなく希望者という形をとった。             
               
私の表明は以下の通りです。

 この度、小田原市議会議長選挙に立候補を表明した加藤仁司でございます。
限られた時間ではありますが、私の思いを一端を述べさせていただきます。
 地方分権一括法が施行され、今までの体系からの脱却がはじまっているとはいえ、まだまだ中央集権的な制度は持続され、まさに地方分権の過渡期と認識しております。
 その中にあって、小田原市では昨年の5月に加藤市長が誕生し、新たな舵取り役として市政運営を行っているところであります。100年に一度といわれる経済状況の中、その運営は大変厳しく、市町村合併問題や駅前整備等をはじめとする諸課題が山積している本市において、行政の役割と共に議会の姿勢、行動は今まで以上に注目されると推察されます。

 そこで、我々議員が本来課せられた使命を十分に発揮させる仕組みを再構築するため、そして住民に我々の活動がより目に見えるようにするためにも議会改革や情報開示を積極的に行うべきと考えます。
 そのためにも、幾度か議会改革検討委員会が設置されておりますが、日常の代表者会議や議会運営委員会の中での議論をより充実していきたいと思っています。
 また、本市において本年度は市民参画による13の検討委員会等が実施されるようでありますが、その中には本市の行政の仕組みや形態をドラスティックに替えてしまう施策も垣間見えることから、議会としても徹底的な調査、議論を重ねる場の設置を考えてまいります

 これら議論の根本は、我々は有権者による市政参加の権利の一つである選挙によって選ばれた議員である認識、すなわち住民の代表者であることが、いつの間にか住民と議員は別モノと扱われる論調が目立つ一部の考えを否定していく必要があると思っています。
 市長も議員も直接選挙による民意の意志であり、お互いが議論していく中で生み出される政策こそが、本市の現在そして未来への道筋を決定していくものであります。議員と住民は一体の関係であるからこそ、各検討委員会の結果如何にとらわれず、議会としての意志表示を住民意見として尊重すべきであるとの認識を行政当局に訴えていくべきだと思います。
 それらを踏まえた上で、現在継続されている合併検討委員会の行方を議会としても注視し、今後の本市及び近隣自治体との連携はどうあるべきかを議論すべき課題として取り上げていきます。
 そして、現在市長は次期総合計画の策定に向けて積極的な活動を展開されておりますが、まだ完了していない現総合計画「ビジョン21おだわら」の検証の必要性も議会として求めてまいります。
 さて、議員独自の問題ではありますが、現在ご周知の通り、議員共済年金制度が破綻の危機を迎えております。全国議長会では制度存続を国に要望している状況と聞いておりますが、果たしてその制度存続の必要性はあるのでしょうか。合併による町村議員共済の一体化により、年金支給対象者の分母は減少し、分子だけが増加している中にあって、将来的には支給される見込みも無くただ掛け金だけ徴収され続けていく状況を是とすべきでは無いと考えます。即刻共済制度解消に向けた提案を議長会で行ってまいります。
 以上、時間の都合上、ほんの一握りの抱負を述べただけですが、市長と是々非々で臨む議会を盛り上げるためにも、是非とも議長選挙に勝利し、とことん議論を尽くす議会にしていきたいと思っています。議員各位におかれましては、何卒私へのご支持をお願い申しあげて、議長選挙立候補に対しての演説とさせていただきます。
 




小田原市議長選挙に立候補  惜しくも落選(H21.5.29)
平成21年5月29日の臨時議会において、小田原市議会議長選挙、副議長選挙が行われました。
結果は以下の通りです。

【小田原市議会議長選挙】

有効投票27票
無効投票 0票

  志澤 清  14票
落 加藤仁司   12票
落 谷神久雄    1票

【小田原市議会副議長選挙】

有効投票19票
無効投票 8票

 井原義雄  15票
落 田中利恵子 4票

監査委員 奥山孝二郎  承認



政治資金管理団体「あかつき」

 入会については「ここ」をクリックして下さい。規約、入会申し込み要領がありますので、よろしくお願いします。


 

戻る