雑記

5月


平成26年5月31日(土)
 橘中学校運動会に出席した。今年は学校から育成会へのパトロール要請も無く、各員は適当な時間に来校し、競技を観戦した。
夜は知人が来訪。


平成26年5月30日(金)
 本日は家内が休みのため、息子のバイクの車検出しに付き合ってもらう。既に就職した息子は軽自動車を買い、それで通勤しており殆ど乗っていないバイクである。大学入学以来小遣いは自分持ちであり、当然ガソリン代も渡していなかったため、400CCバイクの維持費に参って125CCスクーターを買って通学していたほどなので、時折バッテリーを充電する程度であった。親バカながら、長距離ツーリングの楽しさをまだ味わっていない彼でもあり、ここで取り敢えず車検をとっておいて欲しいとの願いから自分のバイクに設置してあったETCを移設して高速道に乗りやすい仕様にした。即日で車検が終わる訳ではないので、バイクを預けてきた。


平成26年5月29日(木)
 午前中議長と面談。午後は観光協会総会に出席した。


平成26年5月28日(水)
 特記無し。


平成26年5月27日(火)
 臨時議会が開会された。その前の議会運営委員会において、副議長候補予定者及び議会選出監査委員候補が一人づつとなったことから、すんなりと議運は終了。本会議にて新副議長が選任され、議会選出監査委員も承認された。(トップページ最新情報に記載有)
 その後、新常任員会委員による正副委員長決めが行われ、私は建設経済常任委員会委員長に選任された。最近は正副委員長選出を選考委員会を設けずに行われることが多くなってきており、当委員会もそのように実行された。開かれた議会として、数人(9人のうち5人を指名する場合が多い)が密室で相談し決めるよりも、各委員が意見を述べ合える場を公開する必要があると思う。
 委員長の抱負を述べた後に委員会視察協議となり、議会任期を迎える年の視察は夏に行われるのが通例であるのだが、最近の夏は近年の異常気象、猛暑が続く時期でもあることから10月頃でも良いのではないかとの委員の意見もあり、秋開催が決定した。
 委員会閉会後、他の委員会の様子を伺うと、夏に開催するという。暑さで倒れなければ良いが・・・。 


平成26年5月26日(月)
 特記無し。


平成26年5月25日(日)
 水防訓練に参加した。


平成26年5月24日(土)
 特記無し。


平成26年5月23日(金)
 会派打ち合わせ。いよいよ臨時議会に向けての攻防(?)が始まった。詳細は記載しない。


平成26年5月22日(木)
 自家用車のタイヤを交換した。数万キロ走行したタイヤであり、特に内べりが激しくツルツルである。これから梅雨を迎えるにあたり危険この上ないことから大枚出費であるが仕方がない。昨日の夕刻、エコタイヤ希望でタイヤ店を訪ねたが、値段があまり変わらずにもう一つ上のグレードを勧められそれに決定し、本日装着とあいなった。。


平成26年5月21日(水)
 所用で議会に行き、打ち合わせを行う。


平成26年5月20日(火)
 朝一番でパトロール。その足で小学校屋内運動場に集まり、朝会の席で児童に対してボランティア活動をしている団体の一員として橘ブルーアイズが紹介され、簡単に説明をした。
午後は議会にて打ち合わせ。午前中に告示された5月臨時会に向けての議運があり、内容を聞く。その後、地元の橘商工会の総会に出席した。先(5月18日)にも述べたとおり、本商工会主催の橘ファミリーフェスティバルの時には体育館では文化協会主催の文化祭が行われていた時があった。現在、その復活を提案していることを述べたところ、やはり文化祭文化が同時開催していた時の方がフェスティバルの参加者は多かったと聞いた。文化祭出場者もフェスティバルに参加していたからだという。ますます文化祭の必要性を感じた。


平成26年5月19日(月)
 チャゲ&飛鳥のASUKA逮捕の報が飛び交った。ファンの一人である家内は大騒ぎだ。予てより週刊誌報道で疑惑は報じられていたが、現実に逮捕となった今、今後どのような展開を見せるのだろうか。娘が幼児の頃からチャゲアスのレーザーディスクを見せており、娘もお気に入りだった。(今は何だかわからないビジュアル系の歌しか聴かないようだが・・・。)
薬物の氾濫は今に始まったことではないし、刑も軽い印象が拭いきれない。合法ドラッグ、脱法ドラッグなどの話も聞くが、使用によって幾度かの事件が起きており、いつ被害者にならないとも限らない。薬物に我が国が侵されないよう、厳罰を要望する。
 朝から議員説明会2件、午後代表者会議が行われた。


平成26年5月18日(日)
 地元のまちづくり(準備)委員会に出席。会長より平成21年の総合計画策定時期に出された地域計画に基づき、その検証から行われた。その時の経緯を知っている方は恐らくいないと思われ、私からこの計画が地域住民の総意と考えるには無理があること(自治会長会議で了承したかもしれないが、個人的要望等も交じっており精査されていない)から一つ一つの検証の必要性は無いと申し上げたが、取り敢えず一つ一つ進捗等を確認したために1時間以上費やされた。次に、現在の課題や今後の事業等を考えることとなったが、当初連合会長より提案のあった分科会方式までには話は至らず、今後、委員会メンバー予定の方々を及びして組織形態や事業内容を煮詰めていくことになった。
 私が提案しているのは、数年前より橘地域で活動していた文化協会が人事問題を理由に解散しており、地元の趣味の会や習い事等の生涯学習の成果を発表する場が現在は無いという点から、再度文化活動が展開できる組織の復活、再編をすべきという意見である。
 高齢化が進展する中で、高齢者に限らず、盆栽や習字、民謡、詩吟、手芸、演奏等に日々親しんでいる方々は多い。年に一度、その成果は11月3日の橘商工会主催ファミリーフェスティバルにて披露されていたのであり、今は組織が無いために展示、披露の場は皆無である。当地域は各種団体組織の活動もそれぞれ年次計画を以て行われており、屋上屋を重ねる事業の必要もなく、数年かかってでもこの組織の立ち上げを急ぐべきと提案した。


平成26年5月17日(土)
 夕方に地元の自治会連合会長をはじめ各種団体長との懇談会。翌日にまちづくり委員会が予定されており、この場でも各々が意見を述べ合った。


平成26年5月16日(金)
 特記無し。


平成26年5月15日(木)
 会派打ち合わせ。再来週に迫った臨時議会における役職も気になるところだが、会派の常任委員会委員選出の協議を行い、昨年と変更なくすることに決定した。


平成26年5月14日(水)
 特記無し。


平成26年5月13日(火)
 午前中は診療所にて常用薬を処方。


平成26年5月12日(月)
 韓国客船事故から約1ケ月が経過しようとしている。事故というか事件以来、その対応の杜撰さがメディアを通して日々露呈している有様である。本日朝の情報番組では、亡くなった女子高生のスマホ映像(恐らく)が放映された。その模様は更にショックを与える内容だ。「その場から動くな」とのアナウンスが流れる中、11年前の地下鉄放火事件の際、やはり「その場で待機せよ」のアナウンスが逆に200人近い犠牲者を出したことから、彼女たちの中にはこの放送は救出を期待するどころか絶望と捉える様子もあり、「きっと関係者は逃げだしているかもね」と予見までしている。犠牲となった乗客は本当に可哀想だ。言うまでもなく、朴政権が我が国の救出支援を断ったことは「人道上」大問題となろう。


平成26年5月11日(日)
 南足柄市文化会館で開催された家庭倫理講演会に出席した。天気も良いので息子のバイクを借りて会場に向かった。


平成26年5月10日(土)
 昼間は来客1件。夕方は懇談会に出席。


平成26年5月9日(金)
 パトロール当番の日であるが、昨日予定の育成会役員会が本日開催することになったため、30分でパトロールを終え、育成会役員会に出席した。


平成26年5月4日()~5月8日(木)
 特記事項無し


平成26年5月3日(土)
 恒例の北条五代祭りに参加した。今年は50回という大会であり、一年前からこれを節目に演出もあらためて考えるべきであると観光協会総務委員会の席でも何度も発言してきた。内容的にはさして変わってはいなかったが、柳沢慎吾をはじめタレント、有名人が例年以上に名を連ねた。彼は学校は違うが私と同級生である。私が学生時代バイトをしていた神奈中ボウルにもよく来ていた。話をした訳ではないが、彼が活躍していることは本当にうれしい限りだ。
 議会でも従来のパレードへの参加だけでよいのか、他に出来ることは無いのかと言った議論を数年に渡りしてきた。観光協会役員との懇談会ももった。その結果、従来は昼過ぎに参加議員全員が集合すれば良かったのだが、希望者は9時からの着付を行い、チラシを観光客に配布することになり、勿論9時に着替えを行う郷土文化館に集合した。
 着替えを済ませ、早めの食事をとり、二の丸広場にてチラシ配布。今年は天気も良く来場者が多いと思った。例年はパレードで1時間半程歩く程度なので足が痛くなったとの経験ないが、今年は広場を行ったり来たりしたせいか、パレード出発直前に足の指が痛くなり、靴下(足袋替り)をもう一枚履かせてもらう羽目となった。
 パレード終了後も足の疲労をいつもより強く感じた一日であった。


平成26年5月1日(木)~2日(金)
 特記事項無し